カルティエ トリニティの魅力

カルティエトリニティ
カルティエの魅力的なアクセサリー・デザインの中に、「トリニティ」があります。
トリニティとは、3つの、という意味。
カルティエトリニティは、ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドの3つのゴールドリングが、それぞれ調和し、お互いを引き立て合いながら繊細に絡み合っています。
カルティエトリニティは、カルティエのアクセサリーのうち、指輪(リング)やイヤリング、ピアス、ブレスレットのほか、ペンダントやネックレスなど、多くの種類で展開されています。

カルティエトリニティには、ある素敵なお話があるんです。
1924年、20世紀に入ってまだ四半世紀も経っていない時代のことです。
カルティエを愛する人に、フランスの詩人ジャン・コクトーという人がいました。
彼はカルティエに対して、「巧妙なる魔法使い、カルティエは、太陽の光をつむいだ糸の上に月をかけらにして載せる」との詩を贈るほど、カルティエに魅了された人でした。
ジャン・コクトーが大切な友人のためにオーダーしたのが、カルティエトリニティ・リングだったのです。
ジャン・コクトーはカルティエに、未だかつて世界に存在したことがないようなリングを作って欲しいと依頼しました。
カルティエの当時のオーナー、カルティエの創業者の直系にしてジュエリー・デザイナー、宝石細工師でもあるルイ・カルティエは、詩人の希望に応えるべく試行錯誤を重ね、トリニティに至ったのです。
カルティエトリニティ
トリニティのうち、ホワイトゴールドには「友情」を、イエローゴールドには「忠誠」、そしてピンクゴールドには「愛情」の意味が込められて、3色のゴールドが一体となったカルティエトリニティ・リングは、「完璧な愛」への想いを託した、詩人の心そのものでした。

カルティエトリニティは、デザイン上、色彩上の秀逸さもさることながら、こんな美しい心が込められているのです。
カルティエトリニティカルティエのさまざまなアクセサリーに取り入れられているけれど、トリニティの本当の意味が生きるのは、やはりリング。
カルティエトリニティ・リングは、愛を誓ったパートナー同士のペアリングや結婚指輪としても人気の高いリングです。
カルティエトリニティは、カルティエらしい優雅でロマンティックなデザインです。


カルティエとアクセサリーのリンク集.....

カルティエ☆リング
カルティエのアクセサリーの総合サイト。

カルティエのリング
カルティエの結婚指輪
カルティエの指輪
カルティエのラブリング
カルティエのマリッジリング
カルティエのネックレス
カルティエの婚約指輪
カルティエのエンゲージリング
カルティエとダイヤ
カルティエのトリニティ
カルティエのトリプルリング
カルティエのブレスレット
カルティエのラブブレス
カルティエのチャーム
カルティエのハート
カルティエのバレリーナ
カルティエのミニラブリング
カルティエのソリテール
カルティエの求人と採用

inserted by FC2 system